2015年6月18日 by admin

意外と意味が深い!赤ちゃんの命名について

命名には意味が込められている

人間にはそれぞれ個別の名前がありますが、それぞれの名前が両親によって何らかの意味や音、画数などにこだわってつけられているのです。例えば、意味にこだわったパターンだと「愛」という文字を付けるのは愛らしい子供という意味で付ける場合と、将来人から愛されるようになってほしいという意味でつけられることがありますね。また、音にこだわってつけられた名前も数多くあります。最近はやっている女の子の名前で「めい」という名前がありますが、かわいらしい響きだからという理由で付ける人も多いのです。

画数にこだわった名前について

名前を付ける時には画数にこだわる人も数多くいますね。名前の画数には大吉、吉、凶とそれぞれあり、苗字と合わせて、下の名前がの画数の剛毛で決められます。例えば、「めい」という名前であれば「芽衣」にするとあまりよくない画数の場合もありますが、「芽依」にすると意外と握数が良かったということもあるのです。画数にこだわるかどうかは自由ですが、名前は一度つけたら一生ものです。しかも親の愛情として一生残るものですから、何らかのこだわりがあって当然ですね。

変わった命名には注意を!

子どもの名前を付ける時に変わった名前にする人がいますね。それが原因で将来いじめられることや子供自らが改名をすることがあるので注意が必要です。命名は通常、子供が誕生してから14日以内に登録をしなければなりません。今は生まれる前から90%以上の確率で性別がわかりますのでかなり前から名前を決めている人もいますが、生まれてから名前を決めようと思い、出産したばかりのハイな気分の時に名前を付けて後悔をする親もいるようです。また、漢字を間違えて付けてしまう親もいますので、将来の子供のためにも最新の注意が必要でしょう。

姓名判断とは、自分の名前を使って占いをしてもらうことです。自分の将来のことなどが分かります。最近ではインターネットなどで気軽に占うことができます。